EDの悩みを解消する治療薬

男性の性機能の衰えにはさまざまな原因が考えられますが、その大きな原因にPDE5があげられます。
これは勃起を邪魔してしまう物質で陰茎に勃起に必要な血流を遮断してしまうと言われています。
それゆえに、充分な勃起を得るためには、このPDE5の働きを阻害することが大切です。

血流を良くするには運動や食事療法なども役立ってくれますが、即効性があるというものではなく、悩まれている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
とはいえ、今はこうした勃起を阻害するPDE5の働きを抑えてくれるED治療薬がありますので、より早く悩みを改善したいのであれば、こうした薬の利用も考えてみると良いでしょう。

特に有名な存在は、最初に開発されたバイアグラですが、もともとは狭心症の治療のために開発されていた薬です。
有効成分はクエン酸シルディナフィルとなっており、血流を妨げてしまうPDE5の働きを弱め、多くの血流を得られるようになります。
バイアグラは心疾患のある方には禁忌となっていますが、現在健康に問題がないという方であれば、こうした治療も検討してみてはいかがでしょうか。
薬は医療機関で処方されていますが、そのほかの入手方法としては個人輸入があります。

ED治療薬の効果は数時間程度で、性行為のたびに薬が必要となり、それゆえにたびたび医療機関に脚を運ぶことに抵抗を感じる方もいらっしゃるでしょう。
そして、薬は決して安くありませんので、より低価格で購入したいという方にも個人輸入は注目されています。
さらに個人輸入のメリットとしては、日本で販売されていないED治療薬のジェネリックが入手できることがあげられ、特に人気のバイアグラには多くのジェネリックが登場していますので、それぞれのジェネリックの特徴を比較してみるのも良いでしょう。
カベルタもバイアグラと同じくクエン酸シルディナフィルが有効成分となっており、同じ効果効能が期待できる薬です。
とはいえ、まったく同じというわけではなく、利用されているコーティング剤や製法には違いがあるので、効き目や持続時間には多少差があると考えられます。
バイアグラがブルーの錠剤となっているのに対し、カベルタは赤い錠剤です。

そして気をつけたいのは、日本で販売されているバイアグラは50mgまでですが、カベルタの場合はシルディナフィルが100mgと倍量になっていますので、そのまま飲むのではなく、まずは分割して飲み、効果の出方をチェックしてみましょう。

そのまま飲んでしまうと副作用が強く出てしまう可能性もありますので、半分や4分の1から始めてみると良いでしょう。
そして一錠を分割できるので、さらにコストパフォーマンスが良くなるというメリットもあります。
副作用としては、バイアグラと同じように頭痛やめまい、のぼせなどが起こる場合があります。
それからシルディナフィルは食事の影響を受けやすいので、バイアグラと同じく、空腹時に飲むことが望ましい薬です。

Comments are closed.